予期せぬ知らせ。修学旅行の受け入れが決定(愛媛新聞・伊予弁の連載1)

スタッフ・竹下です。7月3日から、愛媛新聞「伊予弁」欄の執筆を担当させていただくことになりました。全6回、現在県や南予9市町のグリーンツーリズム団体・まちづくり団体と連携して取り組んでいる、体験型修学旅行の誘致・受け入れに関連する内容を書いていきたいと思っています。残りの掲載日は、7月31日、8月28日、9月25日、10月23日、11月20日の予定(すべて金曜日)で、掲載許可が得られ次第、順次本サイトで紹介していきたいと思います。

第1回目の記事にあるとおり、今年の11月に修学旅行の受け入れが決定しました。普通の民家に少人数ずつ滞在する「体験民泊」を活用して、東京の高校生200人を南予5地区で受け入れる予定です。新型コロナウイルス感染症をめぐって依然予断を許さない状況が続く中、実施可否については慎重な判断が求められますが、学校・旅行会社と一体となって最善の方法を模索していきたいと思っています。

2020年7月3日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20200713-03)