新しいパンフレット「Sustainable Yawatahama」ができました。

スタッフ・竹下です。“100年続く食の現場”と、“未来に残したいまち・ひと・歴史”をテーマとした新しい観光パンフレット「Sustainable Yawatahama」が完成したのでお知らせします。

パンフレットの制作を進めるにあたっては、100年続く温州みかん栽培や、トロール漁業をはじめとした農林漁業、またその加工、販売に携わってきた方々、そして八幡浜で受け継がれてきた歴史や文化を守ってきた方々など、たくさんの方々に取材をさせていただきました。

その様々なひととの出会いを通して、“旅はひととの出会いに勝るものなし”ということを改めて感じました。どんなにすばらしい景色も、どんなにおいしい料理も、たったひとりのひととの出会いの前にはかすむことがある。そんなかけがえのないひととの出会いが、また同じ場所を旅したいと思う大きな原動力になる。個人的にはそう強く思っています。

今回テーマとした“100年”というキーワードは、過去はもちろん、未来にも向けられたものだと思っています。地域のひととの出会いを通して、100年続く食の現場や、未来に残したいまちや歴史にふれてもらうことで、八幡浜のことを深く知ってもらい、また“関わっていきたくなる”ような関係性を少しずつ紡いでいければと思っています。その積み重ねが、これからまた100年続く八幡浜のまちづくりにつながるものと信じています。そんな想いを込めて、パンフレットを仕上げました。市役所やみなと交流館などで配布していますので、よろしければぜひ一度ご覧ください。